東京より愛を込めて。

知識・経験の棚卸

読書メモの作成方針

通勤時間を活用して、Kindleで週に2冊は読書をするように心がけています。ビジネス書やハウツー本であれば、1日1冊は読める。ただ、たくさん読書をしても、身につかなければ意味がありません。*1
では、どうすれば身になる読書ができるのか。読んだ内容を血肉と化すためには、「アウトプット」と「仕事や日常への適用」が必要であると考えます。そのための、読書メモ。
本エントリーでは、上記2点に留意した、読書メモの作成方針について記します。

ポイントは3つに絞る

どうせ読むなら、思い出せるように記憶に残しておきたいものです。では、どれぐらいなら覚えられるのでしょうか。僕は「3」つのポイントに絞る、と決めました。それは、「マジックナンバー3」とあるように、人は3つの事柄であれば記憶しやすいと言われているからです。
そもそも、本の内容が1つでも身につけば儲けもんです。その本からできるだけ多くのことを得るのも大事ですが、多すぎるとすべてが中途半端になりかねません。ポイントを3つに絞るように読むことにしました。
後述にもある、本の内容を仕事や日常に活かす際にも、欲張り過ぎず3つに絞った方が身につきやすくなります。

自分の経験と結びつける

本の内容はできるだけ楽に記憶したいものですよね。負荷なく覚えるには、「経験記憶」がキーとなります。では、経験記憶とはどういったものでしょうか。
経験記憶とは、「自分の過去の経験が絡んだ記憶*2」とここでは定義します。
そのため、本の内容を自分の経験と結び付ければ、より楽して内容を記憶できるのです。
また、本の内容を人に説明する(=読書メモをブログに投稿する)ことそれ自体が、本の内容と本の内容を説明したという経験を結び付け、本の内容を経験記憶として残すことにもつながるのです。*3

本の内容をどう活かすかを記載する

ここまでの内容でも、本の内容を記憶に残すためには十分貢献してくれます。ただ、覚えただけではあまり意味がありません。その内容が自分の仕事や生活をよりよく変えるところまでもっていかないと、読書の時間が無駄です。
そこで、読書メモの最後に、本の内容(特に絞った3ポイント)をこれからどう活かしていくかを記載していきます。


以上が、「アウトプット」と「仕事や日常への適用」に留意した、本ブログでの読書メモの作成方針です。
第一義的には、実りある読書をするための自分用の読書メモですが、読んだ方にとっても、少しでもお役に立てるものとなることを願って。

*1:ストレス解消効果はあります。6分の読書でストレス7割減! 読書でストレスが消える "ワケ" と "コツ" | コラム

*2:池谷裕二. 受験脳の作り方 (新潮文庫) (P.196).

*3:池谷裕二. 受験脳の作り方 (新潮文庫) (P.209).