東京より愛を込めて。

知識・経験の棚卸

洋書の読破で身につくもの

 英語の勉強を続けていても、ある程度のところで伸び悩むタイミングが来ます。僕にもそのタイミングはやってきました。その時に、色々試してみた中で、1つ大きな効果があったなと感じたものがあります。それは、洋書を一冊読破することです。洋書を一冊読破したことで、英語の問題を解くときに、特に長文問題に関して、以前よりも読むスピードが上がっていることに気づきました。一冊読破した後から明らかにすらすら読めるようになったので、洋書の読破は効果があるんだなと実感。
 そこで本エントリーでは、洋書の読破により僕が実感した効果と、その読み方について述べていきます。
 TOEIC500点ある人は、洋書を一冊読破をしてみると一段と英語のレベルが上がると思うのでぜひお試しください。

得られるもの

 洋書を読んで得られるものについて。

英語を英語として捉えられる

 まず、英語を英語として捉えられるようになります。
 洋書を読破する前は、英文を読んだときに頭の中で「英語→日本語」へと変換した上で読んでいました。これだと、語順や文法が違う言語間での翻訳で、時間が掛かりすらすら読めません。
 ところが、洋書を一冊読み切ったことで、英語を英語のまま理解する力が身につき、「英語→日本語」への変換の手間がなくなった分以前より早く読み進めることができるようになりました。自分でも驚くほど読むスピードが上がったなと実感できるぐらい効果があります。

 よくよく考えてみると、英語や日本語といった言語は、"何か"を伝えるための手段なわけです。その手段が伝えたい"何か"さえ分かれば、日本語に変換する必要はありませんよね。日本語で伝えたい"何か"を理解するように、英語のままでその"何か"を理解できるようになる。その力が洋書を読むことで身につくのです。

英語のリズムがつかめる

 次に、英語のリズムをつかめるようになります。
 日本語には日本語のリズムがあるように、英語には英語のリズムがあります。リズムとは具体的には、語順であったり、文法であったり、英語ならではの表現のリズムといったところでしょうか。例えば、端的に一つの例を挙げると、説明の仕方です。日本語では「理由→結論」ですが、英語では「結論→理由」といった違いがありますね。こういった種々の英語のリズムが分かってくるようになります。
 このリズムを身に着けることで、例えば文法問題や単語問題であっても、わからないけど何となく選択肢Aは違和感があるし、選択肢Bは自然だなーと思えるようになってきます。つまり、英語の感覚が身につくのです。外国の人に、日本語について聞かれても、なぜかは分からないけど、それが自然な言い回しなんだよなーと感じることが多々あると思います。洋書を読破することが、英語においてもそういった感覚を身に着ける第一歩になるんです。あとは、その感覚を文法で補強してあげればいいだけ。何となく感覚的に分かったうえで、理論で補強してあげる方が、逆の順序で学ぶよりも効率的だと思いませんか?

読破の手法

 では、実際に一冊読破する際には、どういったところに留意すればいいのでしょうか。僕の体験から学んだことを述べていきましょう。

レベルに合った本を選ぶ

 まず一番大切なのは、「とりあえず一冊読破すること」です。そこに難易度うんぬんはなく、洋書を一冊読み切ることに価値があります。なので、初めの一冊は自分に合ったレベルの本を選んでください。あまりにもレベルが高い本を選んでしまうと、内容が分からず、必ず挫折します。背伸びせずに、自分に合ったレベルを選ぶことが読破の秘訣です。

 では、具体的にどう選んでいけばいいのか。2つの留意点があります。
 まず1つ目に、自分のレベルにあった本を選ぶことです。洋書コーナーがあるような大きめの本屋に行き、帯を見ながら選ぶことです。洋書コーナーに行くと、帯に「この本はTOECI○○~○○点の方に最適」といったような、対象のレベルについて記載されている本があります。その中から、自分のレベルに合った本を探せばいいのです。ここでのコツは、自分に合ったレベルの本より一つ下のレベルの本を選ぶこと。読み切ることが最優先なので、あまりレベルは気にしない方がいいです。
 また、Amazonに、こういったページもあるので、Kindleなんかで選ぶ際にはとても強力な味方になってくれます。

www.amazon.co.jp

 そして2つ目に、知っている内容の本を選ぶことです。例えば、映画化されている小説であれば、映画を見てストーリーを頭に入れたうえでその洋書を読んでみる、だとか、子供向けの本(童話など)でも十分勉強になります。特に、社会人におすすめなのが、自分の仕事分野に関する初心者向けの本を読むこと。簿記を持っていたり、会計関係の仕事をしている人であれば、会計に関して子供向けに書かれている下記の本なんかもおすすめです。

Accounting Game: Basic Accounting Fresh from the Lemonade Stand

Accounting Game: Basic Accounting Fresh from the Lemonade Stand

  • 作者: Darrell Mullis,Judith Handler Orloff
  • 出版社/メーカー: Sourcebooks Inc
  • 発売日: 2008/03/01
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

夏休み、米国の小学生の男の子がレモネード屋さんを開いてお小遣い稼ぎをしながら会計の初歩を学んでいくという、ストーリー仕立ての異色の会計入門書です。 Amazon商品紹介ページ

 内容は、とてもシンプルなもので、簿記3級を持っていれば内容としては既知のものだと思います。英語も表現も平易なもので、シンプルなので読み進めやすく、物語としても楽しめるのでお勧めします。Kindle版もあるので、Kindleでぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

辞書を引かずに読む

 次に大切なのが、辞書を引かずに読むことです。読み切ることが大切なので、読み切る際の障害になるようなことはするべきではありません。一々辞書を引きながら読んでいたらどこかで挫折すること間違いなしでしょう。日本語の文章でも、すべての語句の意味が分からなくても内容は分かるものです。それと同じように、ここでの目的は英語のリズムを身に着けること。だから、辞書を引かずとも読めるようなレベルの本を選ぶのです。辞書を引きまくらないとちんぷんかんぷんな本は途中でやめてしまいましょう。身構えず、軽い気持ちで読み進めるのが読破の秘訣ですから。

(小説の場合)1章ごとにWikipediaでカンニングする

 辞書を引かずに読み進めていくとはいえ、内容を理解できているのか不安だったり、あまり理解しきれないときもあります。そんな時は、Wikipediaの英語版で内容をカンニングします。本にもよりますが、Wikipediaの英語版は結構ネタバレしまくってます。丁寧なものだと、章ごとにネタバレ要約が載っていたりするので、章ごとに区切ってカンニングするのをお勧めします。答え合わせにもなったり、いろいろはかどりますので。


 英語のレベルを一段上げたい人はぜひ、本屋の洋書コーナーに立ち寄るところから始めてみてはいかがでしょうか。
 一冊読破してレベルアップした英語力で、どんどん他の本も読んでいけばさらに英語力は上がっていきますよ。