東京より愛を込めて。

知識・経験の棚卸

何のために本を読むのか

f:id:kaido_hajime:20190327215157j:plain

 読書はとてもいいことで、積極的にしていくべきだというのは分かるが、たくさん読めば読むほど、本を読むこと自体が目的になってしまうことが往々にして起こってしまう。そもそも、何のために本を読むのか、について定期的に振り返らないと、その目的のために本を読んでいるのに、本を読むという手段が目的化されてしまいがち。「何のために本を読むのか」を忘れないようにしたいなと、ふと思いました。

課題の解決のための読書

 本を読むこと自体が趣味だからいいんだ、と言ってしまえばそれまでです。でも本屋に行って、ぶらぶら歩きながら、目について手に取った本のタイトルや表紙には、自分の中で引っかかる「何か」があったからこそ手を伸ばしたはずです。
 例えば、自分の仕事が遅いと自覚していて、もっと早く終わらせて帰りたいなーと思っていたとします。そんな状況で、本屋に行くと「あっという間に終わらせる仕事術」だったり、「定時に帰る100の方法」なんてタイトルの本があれば、一瞬でも立ち止まって手に取ってしまうもの。その本を買って帰ったとしたら、それは自分の仕事を早く終わらせたいという課題があって、その課題の解決にその本が役立ちそうだから買ったという"目的意識"があるはずです。
 そんな中、その本を読んでみて、あーなるほど、やってみよーと思っていても、本を読んだこと自体に満足してそこで終わってしまっては何の解決にもなりません。実際にそれを活用してみて、少し仕事が早くなって初めて当初の目的が達成されたといえます。読書の際には、本を買ったときの目的を意識して、読み終わった後にどうしたいのかについて定期的に意識する必要があるなと自戒しています。

ストレス解消のための読書

 確かに、本を読むこと自体は、ストレスの解消になるしリラックスの手段としてとても有用です。小説なんかは、物語を楽しむことが目的なので、何も考えずに好きなように楽しんで読めばいいでしょう。面白い物語を読んで、主人公に没入する時間というのは何事にも代えがたい体験です。物語の数だけ主人公の人生を追体験できる貴重な時間でもあります。
 その一方で、ビジネス書やノウハウ書であれば、自分の仕事や生活をよりよくするために読むべきであり、読みっぱなしで終わっていてはただのストレス解消の手段にしかなりえません。やっぱり、その本の中から1つでもいいから実践していくべきです。

読書を活かすために

 こんなことは分かっているものの、いざ実践しようとするとなかなか難しいもの。すべて読み切るまでにそこそこ時間が掛かるし、読み終わってから内容を覚えているかといわれるとそこまではっきりとは覚えられるものではないです。だからこそ、なおさら本を読む目的を強く意識すべきであり、本を読む前にどういった課題があるのか、その本にどういった解決策が書かれていそうかについてあたりをつけておくべきだなと思います。
 そういう意味では、本は全て読む必要はなく、自分に役立ちそうなものが書いている箇所だけをつまみ読みすればいい。そう考えると読書の障壁も下がるし、下手にすべて精読するよりも、主体的に読めるので頭にも残ります。1冊の本から1つでも現状を改善するものが得られれば、十分だと個人的には思っています。
 目次からあたりをつけて、めぼしいところだけ拾い読みしていくだけであれば、早くて10分あれば何か一つは得られるものがあるはず。何か課題があってその解決策を探し出したい読書に関しては、この方法で十分目的が果たせるのではないかと思います。

すぐさま実践してみる

 個人的に実践しているのは、本を読んだら必ず1つはその日のうちに実践してみることです。本を読んでいいなと思ったことがあれば、「Todoist」というアプリにTodoとして登録し、忘れないようにする。人間だれしも忘れるものなので、こうやってルールを決めて後からすぐに見返せることが大事。
 また、その日に実践するというのは、あとでやろうと思っても、その"あとで"が来ることはほとんどないから、その日に実践すると決めないと結局やらないものです。何ならその場ですぐ実践するぐらいがちょうどいい。少なくともその日に実践してしまえば、課題の解決策になりうるのかの感覚もつかめるので、やっぱり早ければ早い方がいい。
 朝の電車で何章か読んで、読んだ内容をスマホにメモして、その日に実践する。こうやって、読書を目的ではなく手段として活用していきたいものです。